自動車税をpaypay(ペイペイ)で支払ってみた

令和2年度の自動車税(種別割)。

自治体によっても違いますが、私の管轄のところでは、LINE PayやPayPayなどでも支払いが可能!

ってことで、PayPay(ペイペイ)を使って支払ってみました。

自動車税 paypayでの支払いのやり方

納付書とともに、やり方が書かれた紙が同封されていました。

自動車税 LINE pay・paypayでの支払いのやり方

事前に、
■アプリのダウンロード・設定(銀行口座連携など)
■アプリに金額をチャージ
が必要になってきます。

自分はもうpaypayユーザーだったので、設定はいりませんでした。

チャージ→支払い
で完了でした。

自動車税 paypayでの還元ポイントはこうでした

気になるpaypayでの還元ポイントですが・・・

自分の場合、0.5%でした。

自動車税が39,500円で、還元ポイントは197pt。

自動車税 paypayでの還元ポイント

paypayのページを見ると、付与されるPayPayボーナスは0.5%~1.5%と書かれています。

基本は0.5%で、前月の利用実績によって、最大1.5%還元になるのだと思われます。

自動車税をpaypayで払える自治体

自動車税や軽自動車税をpaypayで払える自治体は、paypayのページに掲載されています。

こちら→https://paypay.ne.jp/bill-payment/

情報が多く、見ていくのが大変。

ですから、ページ内検索(Windowsパソコンだと「Ctrl + F」)とかで、ご自身の自治体名を探して見ていくのがいいのではないかと。

ちなみに、
自動車税 → 都道府県税
軽自動車税 → 市町村税
ですね。

意外にも、東京都は未対応のよう。
(軽自動車税だと、東京都狛江市・東京都羽村市・東京都あきる野市の3自治体が対応しています)

やってみた感想

自動車税(種別割)のpaypayでの支払いをやってみたところ。

あっけなく終わって、とても簡単でした。

ただ、領収証とかが発行されず、履歴・明細的なものはアプリ内にしか残らないんじゃないかと思います。

(メールで送ったり、SMSに飛ばしたりできるんでしたっけ?)

そのあたりの一抹の不安は残りましたけれど。

どこかの窓口にも出向かず、部屋内で完結できるのも楽ちん。

今年は新型コロナウイルス感染拡大状況もありますから、人との接触なしにいけるのもナイスです。

で、手数料は0円で、0.5%分のポイント(paypayボーナスライト)をもらうことができたのもよし。

納税証明書

もしかしたら、自治体によって違うのかもしれませんが。

私の県では、納税証明書や領収書は送付されません。

来年は、5月に車検予定なのですが。

車検を受ける直前(おおむね10日以内)になってしまったら、paypay支払いはやめたほうがいいようです。

自動車税 決済アプリでの支払い 注意点

コメント

タイトルとURLをコピーしました